spacer.png, 0 kB
spacer.png, 0 kB
Home arrow About Phoraoh Hound
About Pharaoh Hound PDF プリント メール
作者 InterActive PH   
2009/05/20 Wednesday 18:18:04 JST

 

 

Pharaoh Hound



 ファラオ(エジプトの王)の称号をもつ古代アフリカンハウンドの子孫で、5000年前のエジプト王の墓の中に

この犬と似た体形の犬が描かれている事によって、ファラオの寵愛を受けていた犬と信じられています。

中東の遺跡ではこの犬種の体形に近い遺骨も発掘されていて、

それが事実とすれば最も古くから家畜化され、猟犬として飼育されていた事になります。

さらに通説では約2000年前に、エジプト由来のこの犬がフェニキア商人によってマルタ島・ゴゾ島に渡り、

大陸から隔絶された狭い島の環境で純血性を永年保ってきたと言われている。

その結果、現在のファラオハウンドは古代エジプト時代とほとんど変わらない姿なのです。

より純粋に近い個体はゴゾ島に多いと言われ、マルタ島ではウサギ狩りの猟犬として数多く飼育されていて、

今もなお本来の名称「ケルブ・タル・フェネク」と呼ばれています。

ファラオハウンドは輝く琥珀色の目によって愛犬家を引きつけます。

古代エジプトの文献に「興奮するとこの犬の顔は輝く」とあり、興奮すると顔の色が紅潮する

現代のファラオ・ハウンドの特徴と一致するとしている。

ファラオハウンドは、アメリカではサイトハウンド(視覚狩猟犬)だと考えられていますが、

実際には視覚と嗅覚、さらには聴覚をも使って狩りをする猟犬です。

体高よりもわずかに体長が長く、軽やかで流れるような足取りで、

頭を高くあげて誇らしげに歩く姿が特徴的です。

この犬種は優雅な身のこなしと力強くすばやい動きで、狭い岩壁の間などどんな地形のところでも

スルスルとすばしこく走り抜けることができます。



また、優れた嗅覚と聴覚を駆使して地面の下に隠れた動物たちの動きを逃すことなく追跡します。

1930年にゴゾ島からイギリスに輸入され、ドッグショーにデビューしたのは1963年で、

世界にその姿が知られるようになりました。

その時に先祖がエジプトからもたらされたという事と、高貴な印象から「ファラオハウンド」

というエキゾチックで神秘的な名前を与えられました。

ケルブ・タル・フェネクからファラオハウンドへの改名によるイメージ戦略で人気が上昇し、

世界にマルタの国名を広めたとしてマルタ共和国の国犬に指定され、銀貨も発行されています。



また小型犬よりも大型犬が人気の高い国々では高い人気を誇っており、実猟犬としても飼育されています。

アメリカケネルクラブが公認したのは1983年。日本が公認したのは1993年であり、

2015年度の日本国内の登録頭数での順位は134位中の117位でまだまだ希少な存在です。

FCIの分類ではサイトハウンド<視覚ハウンド - 10G>ではなく、

プリミティブドッグ<原始的な犬 - 5G >に分類されています。

         

ファラオハウンドの魅力は、そのスタイルの良さとユニークな性格と優れた頭脳です。

見た目で誤解されがちな犬種ですが、甘えん坊で家族に対して忠実な犬種です。

ファラオハウンドは家の中では猫のように静かにしているのでソファひとつあれば飼えます。

屋外では非常に活発で、フリスビーをしたり、ドッグショーやアジリティに参加したりと

いろんな事をすることが可能な犬種です。

インとアウトのギャップを楽しめるのも魅力のひとつと言えます。 



ファラオハウンドは世界的にも希少であり、日本でも60頭前後と数は他犬種に比べて多くありません。

もちろんペットショップで売られる事は滅多にありません。

輸入する方法もありますが、日本が指定している狂犬病の清浄国以外の国から輸入する場合は面倒です。

個人では、ブリーダーのリサーチ・交渉・輸入の安全性、確実性など非常にハードルが高いです。

どうしても外国産の犬を輸入したいという方には輸入代行をいたします。

 

 

最終更新日 ( 2017/04/11 Tuesday 10:40:49 JST )
 
spacer.png, 0 kB
spacer.png, 0 kB
spacer.png, 0 kB